在籍確認なし 消費者金融

MENU

在籍確認なしの消費者金融は便利です

キャッシング会社を利用するうえでネックの一つとなっているのが、職場への在籍確認です。この在籍確認は、キャッシング会社に低金利カードローンを申し込んだ後、会社が利用者の勤務先が実在しているかどうか確認するというものです。ここでは、キャッシング会社はまず勤務先の住所を住宅地図を使って確認したあと、電話帳で確認するという作業を行います。

 

次に、勤務先の社長のフルネームや、勤務先で所属している部署の上司のフルネームを面談でたずねてきます。これがすんだあと、キャッシング会社の担当者がその職場に電話をかけて、融資を申し込んだ人が実際にその職場に勤務しているかどうか確かめます。ここで心配になるのは、キャッシング会社が社名を出して利用者に電話をかけてくるのではないか、ということです。

 

しかし、現在ではキャッシング会社の在籍確認においては、社命を出される心配はありません。その理由は、最近はプライバシー保護の観点から、在籍確認で社命を出すことは違法行為になるとされているからです。キャッシング会社は社名は出さずに、友人や知人などを装って利用者の職場に電話をかけてきますので、利用者は安心して在籍確認に応じることができます。

 

しかし、それでもキャッシング会社の在籍確認をされると、よけいな勘繰りをしてくる同僚がいるので困る、などを心配している人は、在籍確認なしの消費者金融を利用するとよいでしょう。キャッシング会社の中には、プライバシーを侵害されることを心配する人のためのサービスを充実させているところもあります。こういった会社は担当者が職場に在籍確認のための電話をかけることはありませんので、安心して利用できます。

 

転職した時は消費者金融に連絡

現在はこういった消費者金融業者を利用しているといった人はたくさんいると思われますが、それを利用している方で転職をしたという人は消費者金融に連絡をすると良いです。 理由は色々とありますが、それは自分の信用問題になってくるからです。仕事を変えれば大抵は年収等が変わってきますので、正しい情報を業者に報告しなければいけません。

 

ですので、転職をした際には消費者金融の公式サイトにアクセスして、その新しい勤め先の情報を入力したり、電話を入れてそのことを業者に伝えるといったことが大切になってきます。また、そのように勤め先が変わったことを伝えると以下の様な様々なメリットが生まれてきます。一つは、万が一返済が滞っても以前の会社に督促といったものが行かないということです。

 

そしてもうひとつは借入限度額などを増額することが出来るようになるといったことです。年収が増えればそれだけ自分の信用も上がってきますので、その結果として借入限度額を増額できるといったことが起きてくるのです。さらに、会社を変えてそれなりに安定した企業に勤めることができれば、再審査によって金利を下げてもらうことも出来る場合があります。

 

なので、転職した際には面倒でも、そのことを業者に伝えるようにしていきましょう。私も何回か会社を変えたことがありましたが、その度にその会社の情報を業者に伝えるようにしています。そのようにちゃんと申告をすると自分の信用情報も良くなっていくものと思われます。ぜひ、皆さんも新しい会社に移動した場合にはその新しい会社の情報を申告していきましょう。